おむすびの料理を味わう参加者=七尾市内の旅館

おむすびの料理を味わう参加者=七尾市内の旅館

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく グルメ

11月からわくらむすび 15旅館、協同組合が試食会

北國新聞(2016年9月9日)

 和倉温泉旅館協同組合(七尾市)は11月15日から、加盟21旅館のうち15旅館で、能登の食材を使ったおむすびを提供する「わくらむすび」事業を始める。8日、同温泉の旅館「宿守屋寿苑」で、同組合女将の会による試食会が開かれ、女将ら8人が事業開始に向け意見交換した。

 2年目となる同事業では、石川県産米を使ったおむすびに、能登の海と山の幸による具材とだしを合わせ、朝食や夕食で提供する。ブリや能登ふぐ、能登かきを使い、お茶漬けやせいろ蒸しにするなど、各旅館が趣向を凝らしたおむすびを用意した。各旅館は宿泊予約時にオプションとして注文を受け付け、数量限定で提供する。来年2月末まで。

 試食会では寿苑側が中島菜やシイタケを使ったおむすびを紹介した。同組合の担当者は「秋冬の和倉の定番メニューにしていきたい」と話した。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース

和倉・七尾・羽咋・かほく
イベント

和倉・七尾・羽咋・かほく
スポット