和風モダンな雰囲気の「Cafe月詠」の店内と椿さん

和風モダンな雰囲気の「Cafe月詠」の店内と椿さん

長野県 伊那路 その他

パワースポット分杭峠帰りに 伊那・長谷に「和風モダン」カフェ

信濃毎日新聞(2016年9月10日)

 伊那市長谷市野瀬に、「Cafe月詠(つくよみ)」がオープンした。地元出身の椿(つばき)さつきさん(50)が、空き家だった築130年ほどの古民家を改装。パワースポットとして知られる分杭(ぶんぐい)峠(伊那市長谷、駒ケ根市、大鹿村境)の麓にあり、「帰りに休憩してもらえればうれしい」とPRしている。

 店内はいろりが目を引く和風モダンな雰囲気。メニューにあり、そばの生地で具材を包む料理「ガレット」は地元産の野菜やそば粉を使う。数年前から興味を持ったというパワーストーンの原石や手製のアクセサリー、キャンドルなども展示・販売している。店名の月詠は、日本神話に登場する神の名前から付けた。

 椿さんは20代前半で古里を離れ、埼玉県で会社勤めをしていた。自分の店を持ちたいという夢があり、4年ほど前の帰郷を機に「今やらないとこれから先もできない」と決心。親戚の古民家を借りた。小さいころから手芸が得意だったという手先の器用さを生かし、1カ月半で床や天井の張り替え、棚作りを自力で行った。

 分杭峠は1995年、中国の気功師が「気」の存在を指摘。市長谷総合支所によると、麓と峠を結ぶシャトルバスは昨年、延べ2万4369人(4月15日〜11月23日)が利用し、多くが県外の人という。

 ただ、近くに喫茶専門店はなく、休憩場所を求める来訪者は多いという。「のんびりした空気感やゆっくり時が流れる地元が好き」と椿さん。「パワースポットの麓でのんびり過ごしてほしい」と話している。

 カフェは月曜定休で、午前9時〜午後5時に営業。要望があれば、5時以降も対応する。問い合わせは椿さん(電話080・6640・3643)へ。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット