12月下旬に導入を予定している4編成目のフクラムのイメージ

12月下旬に導入を予定している4編成目のフクラムのイメージ

福井県

さくら色の新車両12月登場 福鉄福武線、上半期乗客増加

福井新聞(2016年11月15日)

 福井鉄道福武線の再建計画の進捗(しんちょく)をチェックする本年度第2回福武線再建スキーム管理部会は14日、越前市の福鉄本社で開かれた。上半期の乗客数は、えちぜん鉄道との相互乗り入れ効果などにより、前年度比3・6%増となる103万964人だったことを報告。2017年度目標に掲げた200万人達成を、1年前倒しで達成できる見込みとした。

 乗客数は3万6090人増えた。えちぜん鉄道三国芦原線との直通区間、鷲塚針原(三国芦原線・福井市)―越前武生(福武線・越前市)を、両路線を利用し移動した乗客数は6万8346人で2・8倍となった。部会後に会見した村田治夫社長は、上半期の乗客数が増えた理由を「(ハピリン開業を含めた)駅前への延伸効果と、相互乗り入れの二つの要因と考えている」とした。

 本年度の目標は204万人とし、再建計画最終年度の17年度目標として掲げていた200万人達成について、村田社長は「毎月順調に増えている。前倒しは可能」との見方を示した。

 乗客数の内訳は、定期外が50万8568人で5・7%増。通勤定期は17万2984人で10・4%増えたが、通学定期は34万9412人で2・2%減った。鯖江市内から福井市内の高校への定期利用者の減少が要因としている。

 また、今年12月下旬の導入を予定している次世代型低床車両「フクラム」の4編成目について、さくら色になると発表した。国と県の補助金を充てる設備更新実施計画は3億7941万円で、うちフクラムの導入にかかる費用が約3億3千万円。沿線3市の補助金を充てる維持修繕実施計画は、線路などの維持修繕で1億2千万円以上とした。

 管理部会は同社のほか、県や沿線3市などの関係者で構成。会合は非公開で行われた。

福井県 ニュース

福井県
イベント

福井県
スポット