速川産のサツマイモで造った芋焼酎「臼が峰」(手前)を試飲する参加者

速川産のサツマイモで造った芋焼酎「臼が峰」(手前)を試飲する参加者

富山県 高岡・氷見・射水

芋焼酎「臼が峰」が完成 氷見・速川産サツマイモ使用

北日本新聞(2016年11月27日)

 氷見市のNPO法人速川活性化協議会が地元産サツマイモを使い、福岡県の酒造メーカーに委託し造った芋焼酎「臼が峰」の新酒が完成した。原酒でアルコール度数37度の新商品を販売するほか、ラベルを変えた。試飲会が26日、同市早借公民館で開かれた。

 芋焼酎の商品化は2年目。初年度の商品(25度)は限定3千本が完売した。

 住民ら約120人が出席。菅沢裕明、薮田栄治両県議、伊藤宣良JA氷見市組合長、林正之前県土木部長が祝辞を述べ、寺下利宏氷見商工会議所会頭の発声で乾杯した。参加者は「口当たりがいい」と感想を述べ、同協議会の山崎勇二理事長は「地域の良さを伝える商品。多くの人に味わってほしい」と話した。

 900ミリリットル入り(25度)は3千本製造し、税込み1本1800円、箱付きで2千円。500ミリリットル入り(37度)は数百本製造し、箱付きで3千円。JA氷見市やひみ番屋街などに並ぶ予定。注文や問い合わせは同協議会酒販部、電話080(5851)1200。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット