今年のシェフ賞を受賞し「富山・北陸を発信していきたい」と語る谷口さん=東京・ホテルニューオータニ

今年のシェフ賞を受賞し「富山・北陸を発信していきたい」と語る谷口さん=東京・ホテルニューオータニ

富山県 富山・八尾 グルメ

谷口さん(レヴォ)最高シェフ賞 「ゴ・エ・ミヨ」日本版、県内16店掲載

北日本新聞(2016年12月2日)

 フランスの美食ガイド本の日本版「ゴ・エ・ミヨ ジャポン東京・北陸2017」の掲載店が1日、発表され、県内の16店を含む300店が紹介された。3人が受賞した最優秀賞の「今年のシェフ賞」の1人に県内から、前衛的地方料理「レヴォ」(富山市)の谷口英司さん(40)が選ばれた。東京と北陸3県の飲食店を格付けした初の日本版で、今月中旬に発売予定。

 ゴ・エ・ミヨは、ミシュランガイドと並ぶ権威ある格付け本で、店を最高20点で採点し、コック帽の数でランク付けする。13カ国目の発刊となる初の日本版では名店に加え、飛躍が期待される店も紹介している。

 県内からは和食やすし、イタリアン、フレンチの店が選ばれた。最も評価の高かったのはレヴォと「ミシュランガイド富山・石川(金沢)」で唯一三つ星だった「日本料理山崎」(富山市)。いずれも17点で上から2番目のコック帽4に入った。全体では東京の4店が最高の19点を得て、コック帽5となった。

 出版記念パーティーが同日、東京都千代田区のホテルニューオータニであり、フランス本社のコーム・ド・シェリゼ社長が「シェフのアーティスト精神、素晴らしい才能に拍手を送りたい」と述べた。県内の農家や陶芸家らも招待され、壇上でスピーチした。

 石川県からは24店、福井からは8店が入った。初版1万部で、1冊2700円。今後も調査を続け、北陸を含む日本版を来年以降も出す予定。


■谷口さん「富山の素晴らしさ発信したい」
 「今年のシェフ賞」に選ばれた「レヴォ」のオーナーシェフ、谷口英司さんは「富山が憧れの地域になるよう、さらに頑張り、素晴らしさを発信していきたい」と喜びを語った。

 賞は全部で五つあり、10人に贈られた。谷口さんは東京以外では唯一の受賞者で、店は富山市春日(大沢野)のリバーリトリート雅樂倶内にある。独創性ある料理に加え、地元の食材や器を使うなど生産者や作家を大切にする姿勢が高く評価された。

 授賞式で名前を呼ばれると、はにかみながら登壇し、賞状と認定店に贈られる黄色のプレートを受け取った。顔が大映しになったスクリーンの前で「海、山、森の幸が豊富な恵まれた環境で仕事している。作家や生産者の方々にも支えられている」と感謝の言葉を口にした。

 その他の今年のシェフ賞受賞者は、いずれも東京のフランス料理店のシェフで、「ロオジエ」のオリヴィエ・シェニョンさんと「ツシミ」の都志見セイジさん。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット