今年のシェフ賞を受賞し「富山・北陸を発信していきたい」と語る谷口さん=東京・ホテルニューオータニ

今年のシェフ賞を受賞し「富山・北陸を発信していきたい」と語る谷口さん=東京・ホテルニューオータニ

富山県 富山・八尾 グルメ

谷口さん(レヴォ)最高シェフ賞 「ゴ・エ・ミヨ」日本版

北日本新聞(2016年12月2日)

 フランスの美食ガイド本の日本版「ゴ・エ・ミヨ ジャポン東京・北陸2017」の掲載店が1日、発表され、県内の16店を含む300店が紹介された。3人が受賞した最優秀賞の「今年のシェフ賞」の1人に県内から、前衛的地方料理「レヴォ」(富山市)の谷口英司さん(40)が選ばれた。東京と北陸3県の飲食店を格付けした初の日本版で、今月中旬に発売予定。

 ゴ・エ・ミヨは、ミシュランガイドと並ぶ権威ある格付け本で、店を最高20点で採点し、コック帽の数でランク付けする。13カ国目の発刊となる初の日本版では名店に加え、飛躍が期待される店も紹介している。

 県内からは和食やすし、イタリアン、フレンチの店が選ばれた。最も評価の高かったのはレヴォと「ミシュランガイド富山・石川(金沢)」で唯一三つ星だった「日本料理山崎」(富山市)。いずれも17点で上から2番目のコック帽4に入った。全体では東京の4店が最高の19点を得て、コック帽5となった。

 出版記念パーティーが同日、東京都千代田区のホテルニューオータニであり、フランス本社のコーム・ド・シェリゼ社長が「シェフのアーティスト精神、素晴らしい才能に拍手を送りたい」と述べた。県内の農家や陶芸家らも招待され、壇上でスピーチした。

 石川県からは24店、福井からは8店が入った。初版1万部で、1冊2700円。今後も調査を続け、北陸を含む日本版を来年以降も出す予定。

◇掲載された富山県内の店
▽コック帽4=レヴォ(フランス料理・富山市)、日本料理山崎(富山市)
▽コック帽3=海老亭別館いきいき亭(日本料理・富山市)、大衆割烹あら川(富山市)、来人喜人はぎ原(日本料理・富山市)、日本料理雲海(富山市)、シンポジウム(イタリア料理・富山市)、ひまわり食堂(イタリア料理・富山市)、日本料理都万麻(高岡市)、太助鮨(魚津市)、魚津群ねんじり亭(日本料理・魚津市)、誉一山荘オーベルジュドゥミクニ(フランス料理・氷見市)
▽コック帽2=ビストロヨシダ(フランス料理・富山市)、ル・ポワソニエ(フランス料理・富山市)
▽コック帽1=松や(日本料理・富山市)、味喜寿し(高岡市)

富山・八尾 ニュース