イチゴ狩りを楽しむ家族連れ=西塩野観光農園

イチゴ狩りを楽しむ家族連れ=西塩野観光農園

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー

野菜・果物収穫いかが 大沢野に観光農園

北日本新聞(2017年1月12日)

 富山市西塩野(大沢野)に旬の果物や野菜の収穫体験を楽しめる新たなスポット、西塩野観光農園がオープンした。現在はイチゴ狩りができる。運営する地元企業は農業を通じて地域のにぎわいづくりにつなげたい考えだ。

 西塩野観光農園は、土木工事やコメ作りを手掛ける山崎客土会(同市西塩野、山崎豊明社長)が昨年8月から開設を準備し、12月17日に営業を始めた。約800平方メートルのハウス1棟で「紅ほっぺ」約5千株を水耕栽培している。

 イチゴ狩りは5月ごろまでで、その後はブドウやジャガイモ、サツマイモ、トウモロコシの収穫体験を計画している。担当社員の山崎龍二さん(30)は「摘んだばかりの新鮮なイチゴを味わってほしい」と話す。

 1月上旬に家族と訪れた同市西大沢(大沢野)、主婦、浅尾啓子さん(68)は「イチゴは甘くてジューシーだった。身近な場所なのでまた来たい」と笑顔を見せた。

 土、日曜日と祝日を中心に営業する。各日とも午前10時~午後4時。イチゴの生育状況を確認するため事前連絡が必要。料金は時価。2月下旬までは30分間の食べ放題で1人2千円(7歳以上)、1500円(4~6歳)、500円(2~3歳)。2歳未満は無料。

 問い合わせは電話090(9767)4895。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット