丁寧に絵付けされた五箇山和紙の金太郎人形=南砺市下梨

丁寧に絵付けされた五箇山和紙の金太郎人形=南砺市下梨

富山県 砺波・南砺・五箇山 特産

五箇山和紙の五月人形作りピーク 南砺

北日本新聞(2017年3月22日)

 南砺市下梨(平)の農事組合法人五箇山和紙で、五月人形作りが最盛期を迎えている。伝統工芸士の前崎真也代表(57)が、金太郎やこいのぼりなどをモチーフに、和紙ならではの素朴でぬくもりのある人形に仕上げている。

 人形は金太郎のほか桃太郎や武者など10種類ほどある。きねでついて粘土状にした和紙を成形し、表面に色和紙を張って一つ一つ丁寧に絵付けする。絵付けを担当する前崎代表は「子どもの健やかな成長を願って心を込めて作っている」と話している。

 五月人形の問い合わせは五箇山和紙、電話0763(66)2016。

砺波・南砺・五箇山 ニュース