1万3000人余りが出場した富山マラソン2016

1万3000人余りが出場した富山マラソン2016

富山県 富山・八尾 高岡・氷見・射水 アウトドア・レジャー

富山マラソン大会ゲストに金さん・有森さん

北日本新聞(2017年4月5日)

 10月29日に開かれる「富山マラソン2017」の大会ゲストが4日発表され、過去2大会に続き、プロマラソンコーチの金哲彦さん(53)と、女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さん(50)を迎えることが決まった。

 金さんはNPO法人ニッポンランナーズ理事長で、ランニング情報番組出演やマラソン解説などで活躍。有森さんはバルセロナ五輪で銀、アトランタ五輪で銅と2大会連続でメダルを獲得している。

 富山マラソンは2015年に始まり、今年で3回目。フルマラソン(42・195キロ)、ジョギング(約4キロ)、車いす(9キロ)の3部門を実施する。フルマラソンの1万2千人を含む、計1万3千人規模の出場者を見込んでいる。富山、射水、高岡3市を通るコースは従来と大枠で変わらないが、今回から終盤で富山市の富山大橋ではなく、富山北大橋を通るなど一部が変更された。エントリー受け付けは県民を対象にした「富山県民先行枠」などが8日、県内外から広く募集する「一般枠」が22日から始まる。

 実行委と富山陸上競技協会主催、県とコース沿線3市、北日本新聞社共催。問い合わせは実行委事務局、電話076(444)4102。

富山・八尾 ニュース