ポスターを手に御印祭をPRする田子会長(左)と松原事務局長=北日本新聞高岡支社

ポスターを手に御印祭をPRする田子会長(左)と松原事務局長=北日本新聞高岡支社

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

「弥栄節」楽しんで 高岡・金屋町で6月19、20日

北日本新聞(2017年5月25日)

 6月19、20の両日に高岡市金屋町一帯で開かれる「御印祭(ごいんさい)」のポスターが完成した。実行委員会のメンバーが24日、北日本新聞高岡支社を訪れて祭りをPRした。

 御印祭は高岡鋳物発祥の地・金屋町の礎を築いた高岡開町の祖、加賀藩2代藩主前田利長をしのぶ祭り。19日の前夜祭では、千本格子の家屋が連なる石畳通りで、鋳物作業歌「弥栄節(やがえふ)」に合わせて踊る町流しが行われる。

 本祭の20日は奉納踊りなどがある。

 ポスターには、昨年の町流しに参加した富山大芸術文化学部の女子学生が、鋳物師(いもじ)の作業着をイメージした法被姿で踊る写真を使用した。

 B全判とB2判の大きさがあり、各500枚製作した。市内外の駅や観光施設に加え、東京と大阪でも掲示する。

 実行委員会の田子正則会長と松原孝事務局長が来社し、「多くの人に町流しを楽しんでいただき、一緒に祭りを盛り上げたい」と話した。御印祭は北日本新聞社共催。

高岡・氷見・射水 ニュース