醸造所見学客1万人目となった石田さん(左から2人目)

醸造所見学客1万人目となった石田さん(左から2人目)

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線

見学ツアー1万人達成 佐久のヤッホーブルーイング醸造所

信濃毎日新聞(2017年8月17日)

 佐久市小田井にあるビール製造販売ヤッホーブルーイング(北佐久郡軽井沢町)の醸造所の見学ツアー参加者数が16日、1万人に達した。ツアーは、ラガービールが大半を占める国内のビール市場でクラフトビールの味わいの豊かさを知ってもらおうと始め、8年目。記念の1万人目は東京都目黒区の会社員石田啓一さん(47)で、同社員8人がくす玉割りなどで祝った。

 同社によると、見学ツアーの参加者は開始当初、工場見学の環境が整っていなかったこともあり、年間約100人だった。「よなよなエール」といった同社の商品の知名度が上がるにつれて参加者も増え、昨年は3000人超に。ここ数年は予約がすぐにいっぱいになる状況だという。

 この日は、ツアーで醸造所入り口に集まった18人の団体を前に、社員が「この中に1万人目の来場者がいます」と発表。名前が呼ばれた石田さんは「とてもうれしい。ここのビールを15年ほど愛飲しており、以前から来たかった」と喜んだ。同社広報担当の根来桜さん(25)は「見学ツアーは、消費者の声を直接聞ける貴重な場。これからも親しみを持ってもらえるツアーにしたい」と話していた。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット