収穫が始まったワイン用のブドウ=輪島市門前町鵜山

収穫が始まったワイン用のブドウ=輪島市門前町鵜山

石川県 輪島・珠洲・能登金剛

門前産、おいしいワインに 醸造会社、ブドウ収穫

北國新聞(2017年9月7日)

 輪島市門前町鵜山のワイン用ブドウ畑で6日、収穫作業が始まった。畑はワイン醸造会社「ハイディワイナリー」(同町千代)が苗木から育てた2・2ヘクタールで、従業員が8センチほどに実った房にはさみを入れた。
 収穫されたのは、白ワイン用の品種「ソーヴィニヨンブラン」で、髙作正樹社長によると、糖度、酸味ともに十分で上出来という。週末には千代の畑で赤ワイン用の品種「メルロー」の収穫も始まる。
 今年は畑を増やしたことや、苗木が育って多くの実を付けるようになったことから、同社では昨年の5倍となる10トンの収量を見込む。来年春に門前産ワイン1万本を出荷する。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット