不思議な幾何学模様が映し出された外壁=三井アウトレットパーク北陸小矢部

不思議な幾何学模様が映し出された外壁=三井アウトレットパーク北陸小矢部

富山県 砺波・南砺・五箇山 その他

小矢部のアウトレットに「デジタル掛け軸」

北日本新聞(2017年9月10日)

 建物をキャンバスに見立てて抽象的な模様を映し出す空間照明アート「デジタル掛け軸」を楽しむ光のアートウォール2017秋が9日、小矢部市の三井アウトレットパーク北陸小矢部で始まった。24日まで。

 地域活性化を目的に初めて実施。デジタル掛け軸を考案したデジタルアーティスト、長谷川章さん(石川県出身)が手掛けた。

 施設の外壁3面に、赤や青、緑などが混ざった不思議な幾何学模様を投影。来場者はゆっくりと変化する光のアートに見入っていた。初日はオープニングセレモニーがあり、仲窪利充三井アウトレットパーク北陸小矢部オペレーションセンター所長、山崎康至副知事、桜井森夫市長、長谷川さんがあいさつした。

 投影は日没から午後9時まで。期間中の土・日・祝日は、ダンスや音楽などの多彩なステージや、フードマーケットが開かれる。

砺波・南砺・五箇山 ニュース