約15万個のLEDを使ったおやべイルミ=クロスランドおやべ

約15万個のLEDを使ったおやべイルミ=クロスランドおやべ

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー その他

おやべイルミ始まる 光の海に動物園

北日本新聞(2017年11月19日)

 「おやべイルミ2017」は18日、小矢部市のクロスランドおやべで始まり、クロスランドタワーの周辺が約15万個のLED(発光ダイオード)で彩られた。今年は森の動物をモチーフにしたイルミネーションも登場し、雨にもかかわらず訪れた人が光の造形を楽しんだ。来年1月8日まで。

 タワー前に「光のトンネル」と「光の海」を設け、「恋人の聖地」に認定されている小島「ハートアイランド」周辺のイルミネーションも増やした。トナカイやパンダなど19体が並んだ「光の動物園」とエントランスの「光の壁」を新設。市シンボルキャラクターのメルギューくんとメルモモちゃんのイルミネーションもあり、親子らが「きれい」と声を上げていた。

 市や市商工会青年部などでつくるおやべ光のまちプロジェクト実行委員会が主催し、3年目。時間は午後5~9時。12月23、24日は午後10時まで延長点灯し、同月31日から1月1日午前2時までは年越し点灯する。

砺波・南砺・五箇山 ニュース