道の駅で販売が始まった生きた甘エビ=志賀町富来領家町の道の駅「とぎ海街道」

道の駅で販売が始まった生きた甘エビ=志賀町富来領家町の道の駅「とぎ海街道」

石川県 和倉・七尾・羽咋・かほく 祭り・催し グルメ

かご漁甘エビ「躍り食い」で 富来の道の駅で販売開始

北國新聞(2018年1月17日)

 志賀町富来領家町の道の駅「とぎ海街道」で16日、富来漁港直送の生きた甘エビの販売が始まった。かご漁で捕れたばかりの甘エビが次々と水槽に入れられ、道の駅の従業員小網康嗣(やすし)さん(53)は「旬の味覚を『躍り食い』で楽しんでほしい」と話している。
 1匹100円(税込み)で、その場で食べることができるほか、全国への宅配も受け付ける。6日に富来漁港で解禁された甘エビのかご漁は、甘エビの傷みが少なく、生きたまま水揚げされる。漁が終わる5月ごろまで販売される。

和倉・七尾・羽咋・かほく ニュース