親子3世代の掛け軸を飾る車和裁学院。コスプレした人や天神様の衣装の前でも記念撮影できる

親子3世代の掛け軸を飾る車和裁学院。コスプレした人や天神様の衣装の前でも記念撮影できる

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

天神様と写真撮ろう 20日から「山町筋の天神様祭」

北日本新聞(2018年1月20日)

 高岡市の重要伝統的建造物群保存地区の山町筋で20、21の両日に開かれる「山町筋の天神様祭」を前に、地元住民らが19日、土蔵造りの家の座敷や商店のショーウインドーなどに「天神様」として親しまれる菅原道真の掛け軸や人形を飾り付けた。両日は一帯を巡り、まちの歴史や文化に触れることができる。

 高岡は天神信仰の盛んな地域。江戸期には山町筋の寺子屋で1月25日に天神講が行われ、天神様の軸や人形の前で道真の遺徳や学問の大切さを教えていたという。

 同市木舟町の車和裁学院では、親子3世代それぞれに用意された掛け軸が飾られ、時代や作者によって微妙に異なる道真の表情が楽しめる。油谷富子同学院長の実家に明治期から伝わってきた「綱敷き天神」の軸も展示されている。両日は軸に見立てた背景で天神様の衣装から顔を出して記念撮影できるほか、天神様のコスプレをした人とも一緒に撮影できる。

 油谷学院長は「親の願いが込められた天神様を多くの人に見てほしい。記念撮影ではタイムスリップした気分を味わえる」とPRした。

 同祭は土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会(作井宗人会長)が毎年開き17回目。ことしは御馬出町と守山町、木舟町、小馬出町の約40カ所で実施する。問い合わせは同協議会、電話0766(23)2623。北日本新聞社共催。

◇20日
・寺子屋天神講「ありふれた現象を楽しむ」(午前11時~、土蔵造りのまち資料館、一般500円、小学生無料。事前申し込み必要)
 講師 向井康之平米小学校長

◇21日
・講演会「高岡天神まつりと加賀のキリシタン」(午後2時~、高岡御車山会館、入場無料)
 講師 相本芳彦さん (フリーアナウンサー)

◇おもてなしイベント
・ぜんざい販売(両日午前11時~午後2時、山町筋観光駐車場横の防災施設前)
・草月流葉光会生け花展(岩城家)
・太田衣代琴ライブ(太田家)
・フリーマーケット(ニシジマ)
・たかしん高峰記念館公開

高岡・氷見・射水 ニュース