桟敷席で販売する「ほろ酔いセット」(左)と「スイーツセット」

桟敷席で販売する「ほろ酔いセット」(左)と「スイーツセット」

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し グルメ 特産 スイーツ

となみ夜高の迫力を間近で 砺波市観光協会が桟敷席販売

北日本新聞(2018年5月30日)

 砺波市観光協会は29日、となみ夜高まつり最終日の6月9日に大行(あん)燈(どん)のぶつけ合い「突き合わせ」を観覧できる桟敷席の前売り券の販売を始めた。同8日まで。

 観光客にまつりの迫力を間近で楽しんでもらうため、北陸銀行砺波支店の向かいに設ける。2回で各48席を用意し、前売り券は午後8時~同9時40分が2500円、同9時45分~同11時半は2千円。道の駅砺波の観光案内所で販売している。

 当日は、ほろ酔いセット(千円)、夜高スイーツセット(800円)を数量限定で販売。まつりにちなんだ焼き菓子「練(ねり)棒(ぼう)」やシロエビ風味のせんべいなどを、地酒やブレンド茶などと一緒に味わえる。問い合わせは同協会、電話0763(33)7666。

 富山第一銀行砺波支店前にも桟敷席が設けられる。時間と料金は同協会の桟敷席と同じ。問い合わせはアイドマセンサー、電話0763(33)1123。

砺波・南砺・五箇山 ニュース