棚田を彩るラベンダー=白山市三宮町

棚田を彩るラベンダー=白山市三宮町

石川県 加賀・白山・小松 花・紅葉

薄紫、ラベンダー見頃 白山・三宮の棚田

北國新聞(2018年6月18日)

 白山市三宮町の棚田でラベンダーが見頃を迎え、薄紫色の花が獅子吼(ししく)高原の山々と鮮やかなコントラストを描いた。爽やかなハーブの香りが漂い、付近を訪れた人が里山を染める初夏の彩りに心を和ませている。
 棚田のラベンダーは、精油などを製造する「アロマの里@獅子吼」の三宅純子代表(61)が2011年に栽培を始めた。景観の向上も図っており、現在は約900平方メートルの畑が広がっている。
 見頃を迎えたのは早咲きの種で、別品種のプロバンスブルーも色づき始めている。

加賀・白山・小松 ニュース