三面川でアユ釣りを楽しむ人たち=30日午前10時ごろ、村上市

三面川でアユ釣りを楽しむ人たち=30日午前10時ごろ、村上市

新潟県 村上・胎内 アウトドア・レジャー

太公望心躍らせ 村上・三面川 アユ釣り解禁

新潟日報(2018年7月2日)

 村上市を流れる三面川のアユ釣りが6月30日、県内に先駆けて解禁された。強い日差しが照りつける中、シーズンを待ちわびた釣り人たちは「清流の女王」と呼ばれるアユとの駆け引きを楽しんでいた。

 三面川鮭産漁業協同組合の担当者によると、5月中旬の大雨の影響で試し釣りでの釣果は寂しかったが、大きさは良く、水温が少しずつ上昇すれば数も期待できるという。

 村上市岩沢の岩沢橋付近では、早朝から県内外の釣り人が9メートルほどの長いさおを持って川に入り、縄張りをつくる習性を利用した「友釣り」で15~17センチほどのアユを釣り上げていた。

 アユ釣り歴20年以上の新潟市東区のパート女性(56)は「解禁日はお祭り。アユの跳ねている姿が見えたので、気長にやります」とワクワクした様子だった。

村上・胎内 ニュース