人気を集める「新潟地酒処じょんのび」=大阪市北区

人気を集める「新潟地酒処じょんのび」=大阪市北区

新潟県 グルメ

新潟の味気楽に 立ち飲み居酒屋 大阪に期間限定オープン

新潟日報(2018年10月15日)

 大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだイーストモール」に、新潟県の味覚を楽しめる立ち飲みの居酒屋が、期間限定でオープンした。関西では入手が難しい新潟県の地酒や特産品を提供し、サラリーマンらの人気を集めている。

 居酒屋の店名は「新潟地酒処じょんのび」で、9日にオープン。大阪・梅田の県アンテナショップ「じょんのびにいがた」を運営する「ゆのたに」(魚沼市)が手掛ける。じょんのびにいがたの近くの空き店舗に入居した。10人も入れば店は満員だ。

 20以上の銘柄の地酒が用意され、日替わりで提供する。おつまみも「栃尾の油揚げ」や「村上の鮭(さけ)とば」「かんずり酒盗」「サラダホープ」など10種類前後が並ぶ。

 価格も100~500円程度で、気軽に立ち寄れる価格設定とした。おつまみの中には、じょんのびにいがたで買えるものもある。

 大阪市の公務員男性(28)は「新潟の知り合いから聞いて来た。新潟のお酒は上品かつ繊細で、素朴な食材によく合いますね」と笑顔を見せた。

 11月30日まで。営業時間は午前11時~午後10時。問い合わせは「じょんのびにいがた」、06(6232)8356。

新潟県 ニュース