新メニュー「新潟三昧彩りごはんプレート」をPRするもえのあずきさん=14日、柏崎市鯨波の北陸道米山サービスエリア

新メニュー「新潟三昧彩りごはんプレート」をPRするもえのあずきさん=14日、柏崎市鯨波の北陸道米山サービスエリア

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し グルメ

新潟産食材、もえのさんPR NEXCO東の新メニュー

新潟日報(2018年11月19日)

 大食いグルメタレント、もえのあずきさんが14日、柏崎市鯨波の北陸道米山サービスエリア(SA)で、新潟県産の食材を使った新メニューを食べながら、新潟県の食の魅力を紹介した。

 もえのさんは東日本高速道路(NEXCO東日本)のSAとパーキングエリア(PA)のグルメアンバサダーを務める。同社の新メニューコンテストをPRするため訪れた。

 コンテストは13回目。地域の特徴を生かした魅力ある店舗づくりの一環。

 今回は新潟県の17品を含めて、NEXCO東日本管内のSA、PAから121品がエントリーした。価格は1200円までとし、肉を使ったご当地ワンプレートメニューのアイデアなどを競う。会員制交流サイト(SNS)での見栄えも評価のポイントの一つだ。

 もえのさんは、17品の一つで米山SAで販売する「新潟三昧彩りごはんプレート」を食べた。新潟県産の銘柄鶏「越の鶏」を使った竜田揚げや、新潟県名物のタレカツを「めちゃくちゃおいしい」などと絶賛した。

 もえのさんは「新潟県の食材は良い。熱意を持って決勝大会で勝ち進んでほしい。米山SAはきれいな日本海と佐渡が眺められて景色が良い。地元の方もSAでゆっくり過ごしてほしい」と話した。

 コンテストは来年2月に東京都内で決勝大会が行われる。新潟県から決勝大会に出品する新メニューは12月6日に決定する。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース