初滑りを楽しむスキーヤーやスノーボーダー=24日、湯沢町

初滑りを楽しむスキーヤーやスノーボーダー=24日、湯沢町

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー

滑走一番乗り かぐらスキー場オープン 湯沢

新潟日報(2018年11月26日)

 湯沢町三俣のかぐらスキー場が24日、新潟県内スキー場の先陣を切ってオープンした。県内外から約1500人が訪れ、待ちわびた初滑りを楽しんだ。

 オープンしたのは、標高1300~1700メートルにある全長約1300メートルのメインゲレンデ。積雪はおよそ70センチという。まとまった雪が22日夜まで降らず、予定より1日遅れとなった。

 シーズン到来を祝うかのように晴天に恵まれたゲレンデでは、スキーヤーやスノーボーダーが気持ち良さそうに滑走。半袖姿で楽しむ人もいた。

 群馬県から初滑りに訪れた会社員の男性(22)は「思った以上に雪質が良い。暖冬と言われているので、降ってくれてうれしい」と喜んだ。

 同スキー場の営業予定は来年5月26日まで。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース