茶葉をふんだんに使ったジェラート=村上市長井町

茶葉をふんだんに使ったジェラート=村上市長井町

新潟県 村上・胎内 グルメ スイーツ

茶葉ジェラートで一服 製茶業者、4種類販売 新潟・村上

新潟日報(2019年3月15日)

 新潟県村上市長井町の製茶販売業「冨士美園」が、自社の茶葉をふんだんに使ったジェラートの販売を始めた。同店はこれまで抹茶ソフトクリームを販売していたが、幅広い世代にお茶のさまざまな味を楽しんでもらおうと、ジェラートを販売することにした。

 「なかの牧場」(新発田市)の牛乳を使い、粉末にした冨士美園の茶葉をブレンド、なかの牧場直営のジェラート店が製造した。

 茶の風味を生かし、「雪国紅茶」「緑茶」「ほうじ茶」「ミルク」の4種類がある。抹茶ソフトクリームも同時に改良し、混ぜる抹茶に村上市産の茶葉を増量したことで、従来よりお茶の味が濃くなった。

 いずれも350円。ジェラートは4種類の中から2種類まで選ぶことができる。ソフトクリームをもなかで挟んだ「抹茶もなかアイス」(110円)もある。

 問い合わせは冨士美園、0254(52)2716。

村上・胎内 ニュース

村上・胎内
イベント

村上・胎内
スポット