村上木彫堆朱と各地の工芸品を組み合わせた試作品が展示されている「堆朱まつり」=19日、村上市三之町

村上木彫堆朱と各地の工芸品を組み合わせた試作品が展示されている「堆朱まつり」=19日、村上市三之町

新潟県 村上・胎内 祭り・催し 特産

村上堆朱初コラボ商品 試作品 25日までまつりで展示

新潟日報(2019年3月20日)

 新潟県村上市の伝統的工芸品「村上木彫堆朱(ついしゅ)」の活性化を狙い、他の工芸品とコラボレートした商品が試作され、19日に同市三之町の三の丸会館で開幕した「堆朱まつり」で展示されている。

 村上堆朱事業協同組合による新商品を開発する活動の一環。県補助金を得て、3カ年事業として取り組んでおり、他産地とコラボするのは初めて。

 組合の有志が京都府の伝統的工芸品「京くみひも」や村上市山北地区の伝統的工芸品「羽越しな布」、同市朝日地区で盛んな繭玉を造花などに加工した「シルクフラワー」と、堆朱をそれぞれ組み合わせた。

 京くみひもは、堆朱の玉とペンダントトップと組み合わせ、首飾りに仕上げた。しな布の商品は、壁飾りになるよう、堆朱部分をタペストリーハンガーにして、しな布をつり下げた。

 シルクフラワーとの商品は、コサージュと髪飾りに。堆朱を花の雄しべや雌しべにして、シルクフラワーを花びらに見立てた。

 川上健代表理事(65)は「コラボレートするのは難しいこともあったと思う。今後も続けて、いい商品に発展させていきたい」と述べた。

 そのほか、新商品として、レーザーで図柄を彫り込むなど工程を簡略化し、2千円以下の値段に抑えた堆朱ストラップと、コーヒーを入れる際に使う堆朱のドリップスタンドも紹介されている。

 堆朱まつりは25日まで。そのほかの堆朱商品も市価の10%引きで販売している。問い合わせは同組合、0254(53)1745。

村上・胎内 ニュース

村上・胎内
イベント

村上・胎内
スポット