「ぷらっとホームBAR」で販売される記念入場券と台紙のイメージ(JR東日本新潟支社提供)

「ぷらっとホームBAR」で販売される記念入場券と台紙のイメージ(JR東日本新潟支社提供)

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し 鉄道

酒とグルメ電車でGO 柏崎で15日ぷらっとホームBAR

新潟日報(2019年6月10日)

 JR東日本新潟支社は15日、柏崎駅のホームを貸し切って飲食などを提供するイベント「ぷらっとホームBAR」を開く。柏崎市内で14~16日に開かれる露天市「えんま市」に合わせて企画した。停車する車両も開放。ホームと行き来しながら、日本酒の飲み比べや地場産グルメを楽しめる。

 「ぷらっと-」は昨年10月にJR新津駅で開かれて以来、2度目の開催。

 当日は柏崎駅の0番線ホームを貸し切り、停車する電車「115系」の車内を開放する。当日は、赤と黄色のかつての新潟色を再現した車両を使う。来場者はホームと車両内で自由に飲食することができる。

 会場では農業法人「JR新潟ファーム」(新潟市南区)が育てた酒米でつくる日本酒「新潟しゅぽっぽ」の飲み比べセットや、柏崎産の小麦を使ったクラフトビールを販売する。鯛(たい)スティック、米菓「網代焼」など地元産のおつまみもある。

 鉄道芸人として知られる「ダーリンハニー」の吉川正洋さんらのトークライブや、オリジナルエコバッグの制作体験、線路の除雪を行う「投排雪保守用車」の展示も予定している。

 JR東新潟支社は「大人も子どもも楽しめる縁日のようなイベント。ホームと車両を貸し切るという非日常体験を楽しんでほしい」とPRする。

 イベントは正午から午後6時まで。駅構内のため、入場券や乗車券が必要だ。

 15日午前10時から、イベント開催を記念した専用台紙付きのオリジナル入場券を1200セット限定で販売する。大人と子どもの入場券が1枚ずつ付いて税込み210円。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース