見頃を迎えたアジサイを眺める人たち=30日、長岡市の国営越後丘陵公園

見頃を迎えたアジサイを眺める人たち=30日、長岡市の国営越後丘陵公園

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉

雨にぬれ濃淡映え アジサイ見頃 長岡・丘陵公園

新潟日報(2019年7月1日)

 梅雨の時季を彩るアジサイが、新潟県長岡市宮本東方町の国営越後丘陵公園で見頃を迎えている。6月30日は訪れた人が傘を差して雨音に耳を澄ませながら、濃淡さまざまの青や紫色の花を眺めて歩いた。

 同公園は18品種、約1万8千株のアジサイを栽培している。たくさんの花を間近で見てもらおうと、最も花が多い斜面に階段を新設し、両脇を花に囲まれて歩けるようにした。雨にぬれると花柄が浮かび上がる傘も無料で貸し出し、雨の中でも散歩が楽しめる。

 友達と花を眺めていた刈羽村上高町の小学6年男子児童(11)は「普段は花に注目しないけど、じっくり見たら青がきれいだった。カタツムリを探してみたけど、いなかった」と、いたずらっぽく笑った。

 7月6日に音楽イベントを開くほか、アジサイ色のハーブティーを振る舞う。傘の貸し出しは7日まで。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース