電動立ち乗り三輪車を操縦するガイド=12日、長岡市

電動立ち乗り三輪車を操縦するガイド=12日、長岡市

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 アウトドア・レジャー

電動三輪車ガイドツアー 長岡・越後丘陵公園の山坂散策

新潟日報(2019年7月16日)

 新潟県長岡市の国営越後丘陵公園などは13日から、小型電動立ち乗り三輪車を使った公園ガイドツアーの実証実験を初めて行う。爽やかな風や花の香りを楽しみながら全長6・5キロ、高低差100メートルのコースを楽々と巡ることができる。

 三輪車はヤマハ発動機(静岡県磐田市)が開発中の「トリタウン」。前輪が2輪あり、バッテリーで動く。立ったまま乗り、オートバイのように体を傾けて曲がる。最高時速25キロで、公園内は20キロで走る。

 ウエルカムゲート近くの芝生広場を出発し、ラベンダー園を抜けて展望台まで坂道を上って引き返す。展望台からは越後平野や越後三山を一望できる。ガイドの河合佳代子さん(53)は「風を感じ、ラベンダーやユリの香りを楽しめるいいツアーになる」と参加を呼び掛けている。

 8月11日までの金土日曜、祝日(2~4日を除く)。1日4回、各回5人。雨天中止。所要時間は乗り方の講習を含め1時間20分。16歳以上70歳以下が対象。参加費2500円。問い合わせは越後公園管理センター、0258(47)8001。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース