独特の表情をしたかかしが並ぶ「おぐにかかしまつり」=8日、長岡市小国町法坂のおぐにせせらぎ公園

独特の表情をしたかかしが並ぶ「おぐにかかしまつり」=8日、長岡市小国町法坂のおぐにせせらぎ公園

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

個性豊かなかかし 新潟・小国で150体が出迎え

新潟日報(2019年8月9日)

 地域住民らが手作りした個性的なかかしが並ぶ「おぐにかかしまつり」が8日、新潟県長岡市の小国地域で始まった。話題の人物やアニメのキャラクターをかたどった約150体が、来場者を出迎えている。

 故郷に帰省する人たちにも楽しんでもらおうと、小国観光協会が毎年8月に開いている。10回目のことしは20団体・個人が出品した。メイン会場の「おぐにせせらぎ公園」(小国町法坂)など3カ所に展示している。

 メイン会場には、ラケットを持って構えるテニスの大坂なおみ選手と錦織圭選手、迫力あるてんぐや独特の表情をしたアニメキャラクターが並び、来場者は「面白い」「顔が怖い」と話し、じっくり見入っていた。

 10年連続で出品を続けている小国町武石の主婦細川真紀子さん(63)は「毎年アイデアに苦労するが、楽しく作れてよかった」と話していた。19日まで。無料。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース