親子連れらでにぎわった「PIXARのひみつ展」=12日、長岡市

親子連れらでにぎわった「PIXARのひみつ展」=12日、長岡市

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

リアル映像秘密に迫る 「ピクサー展」開幕 長岡

新潟日報(2019年10月15日)

 映画「トイ・ストーリー」などを手掛けたピクサー・アニメーション・スタジオ(米国)の技術を紹介する「PIXAR(ピクサー)のひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」(新潟日報社など主催)が12日、新潟県長岡市の県立近代美術館で開幕した。多彩な体験ブースがあり、親子連れら多くの来場者でにぎわった。

 映像制作の舞台裏を八つの工程に分けて解説している。物の表面の見え方を決める「サーフェイス」のシミュレーション装置では、来場者が3Dの球体の色や質感を調整し、サッカーボールや果物のように仕上げて楽しんでいた。虫の視点を疑似体験したり、映画のキャラクターや背景と一緒に写真撮影ができたりするセットもある。

 台風の影響で千葉県のディズニーランド旅行を中止して訪れた三条市の上林小6年男子児童(12)は「大好きな映画がどうやって作られているのか分かって面白かった」と満足した様子だった。

 11月24日まで。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース