長岡市ゆかりの芸術家らの作品を集めた栃尾美術館の所蔵品展=長岡市上の原町

長岡市ゆかりの芸術家らの作品を集めた栃尾美術館の所蔵品展=長岡市上の原町

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し その他

春を感じる作品群 長岡・栃尾美術館

新潟日報(2020年3月18日)

 新潟県長岡市上の原町の栃尾美術館が所蔵する作品の展示会が、同美術館で開かれている。長岡市を中心に新潟県にゆかりのある芸術家の油絵や書、陶芸、写真などに市民が見入っている。

 所蔵品の中から春らしい作品38点を選んだ。長岡市出身の小説家松岡譲を描いた油絵や、和紙に印刷した千手観音、地蔵の写真などがある。油絵は大きいもので縦130センチ、横162センチと迫力があり、新潟市の浜焼き店に干物が並ぶ風景などを描いた。訪れた人は「色合いがすてきだわ」などと話しながら鑑賞していた。

 見附市栃栄町の女性(67)は「いろいろな作品を楽しめた。和紙にプリントされた写真は、普通の写真と違った雰囲気があって面白い」と感心していた。

 4月12日まで。月曜休館。一般200円、高校・大学生150円、小中学生100円。3月28、29日には有料の木工制作体験がある。各日先着10人。申し込みは同館、0258(53)6300。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース