店頭に並ぶ「コイクッキー」=ガトウ専科CoCoLo長岡店

店頭に並ぶ「コイクッキー」=ガトウ専科CoCoLo長岡店

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 スイーツ

こだわりの一品 店頭に コイクッキー販売始まる 長岡

新潟日報(2020年4月3日)

 長岡大の学生が地元企業と協力して開発し、錦鯉をかたどった菓子「コイクッキー」の販売が始まった。地域活性化の研究の一環。色鮮やかなパッケージが店頭に並び、客の目を引き付けている。

 新潟県産米の米粉や県産イチゴ「越後姫」のパウダーを使用した。前専任講師の平田沙織さん(32)のゼミに2019年度に所属した22人が、美松(長岡市)の協力を得て開発を進めてきた。

 土産用を想定し、パッケージにもこだわった。箱は2重になっており、青色の外箱にはコイの形の穴が開いている。紅白模様の内箱を入れると、水の中を泳ぐ錦鯉の絵になる。売り上げの一部は全日本錦鯉振興会新潟地区に寄付する。

 JR長岡駅ビル内のガトウ専科CoCoLo長岡店で3月に販売を開始した。若い客層に好評で、欠品になる日もあるという。店長の遠藤駿さん(27)は「デザインがかわいいので人気になると思う。ぜひ手に取っていただきたい」と話した。

 10枚入り920円(税込み)。ガトウ専科の見附工房店(見附市新幸町7)、新潟駅万代口店でも販売している。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース