色とりどりにライトアップされ、輝く噴水=6日、長岡市の国営越後丘陵公園

色とりどりにライトアップされ、輝く噴水=6日、長岡市の国営越後丘陵公園

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 アウトドア・レジャー

夜の公園 ライトアップで幻想的に 長岡・越後丘陵公園

新潟日報(2020年8月11日)

 新潟県長岡市宮本東方町の国営越後丘陵公園は16日まで、一部エリアの開園時間を午後9時まで3時間延長し、噴水や遊具などを色とりどりのライトで照らす。夏休みの子どもたちや家族連れに涼しい夜の公園を満喫してもらおうと、初めて企画した。

 例年は芝生広場の一部でイルミネーションを点灯するが、ライトアップの範囲を広げて遊具で遊び回れるようにする。そり遊びをするゲレンデや、ふわふわドームなどがカラフルに照らされる。噴水は「ジュピター」の音楽に合わせて噴き上がり、赤や黄、青など次々と色を変えてアーチを作り、幻想的な雰囲気を演出する。

 新型コロナウイルス感染症対策として混み合ったら利用規制をする。

 6日の内覧会に家族で訪れた同市の小学4年の児童(9)は「噴水が音楽のリズムに合わせて光って、とてもきれい。花火みたいだった」と目を輝かせた。

 入園料は高校生以上450円、65歳以上210円、中学生以下無料。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース