白銀のゲレンデをそりで滑走する子どもたち=長岡市宮本東方町の国営越後丘陵公園

白銀のゲレンデをそりで滑走する子どもたち=長岡市宮本東方町の国営越後丘陵公園

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し アウトドア・レジャー

ひろ~いゲレンデ わくわく雪遊び 長岡・越後丘陵公園

新潟日報(2021年1月19日)

 新潟県長岡市宮本東方町の国営越後丘陵公園で、広大なゲレンデを使って雪遊びを楽しめる「えちごスノーワールド」が開かれている。初日は子どもたちが白銀の斜面を、気持ちよさそうにそりで滑走していた。

 同公園が毎年開催している。昨冬は少雪の影響で3日間しかゲレンデを使えなかったが、今冬は大雪になり、9日に予定していた開幕を11日に遅らせた。

 初日の積雪は170センチ。子どもたちは長さ150メートルの「ソリゲレンデ」に元気に繰り出し、斜面をそりで何度も滑り降りていた。雪合戦や、かまくらを作って楽しむ人もおり、思い思いに雪遊びを満喫していた。

 母と訪れた新潟市西区の保育園児(6)は生まれて初めてそり遊びをしたという。「すごく速くて心臓がどきどきした。2時間滑ったけど、あと100回はやりたい」と満面の笑みで話した。

 2月28日まで。月曜休園。入園料、駐車場料は無料。同6、7日に雪上車が引くラフティングボートに乗るイベント(有料)、7日に市寺泊水族博物館のペンギン来訪がある。

詳細情報

リンク
国営越後丘陵公園 http://echigo-park.jp/

長岡・寺泊・柏崎 ニュース