長岡花火の三尺玉をかたどった美松の「夏花火パイ」

長岡花火の三尺玉をかたどった美松の「夏花火パイ」

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 スイーツ

おいしさ満開「夏花火パイ」 長岡の三尺玉モチーフに

新潟日報(2021年4月7日)

 100万人超が訪れる新潟県の長岡まつり大花火大会。名物の正三尺玉が花開く形をモチーフにした焼き菓子が「夏花火パイ」だ。60年以上続くロングセラー。手作りならではの放射状の形、サクサクした食感が売りだ。

 ガトウ専科を展開する「美松」(長岡市大手通1)が夏の風物詩を商品化しようと試行錯誤の末、1960年に発売した。三尺玉のスケール感にちなみ、直径約10センチ。食べ応えがある。

 ざらめをまぶした2枚のパイ生地をねじり合わせ、光の軌跡を表す。機械では複雑にねじれず、全て手作業だ。パイ生地が幾重にもなっており、かみしめるたび、口の中でほどけていくようなのも楽しい。

 世代を問わず、贈り物として人気が高い。年間販売数は約300万枚に上る。美松の特売企画「サンキューまつり」で売られるシュークリームより多い。

 4年に1度の全国菓子大博覧会で金賞に輝き、姉妹商品の「雪花火パイ」もできた。その歩みは、多彩なプログラムで進化を続ける長岡花火と重なる。

 美松の春木隆宏・営業本部長代理(51)は「長岡で育ててもらった商品。地域に根差した菓子としてさらに広めたい」と語る。

 1枚118円。4枚入りは540円。

詳細情報

リンク
ガトウ専科|長岡と新潟に15店舗、お菓子とケーキのお店です https://gateausenka.jp/

長岡・寺泊・柏崎 ニュース