記念写真に収まる園児ら

記念写真に収まる園児ら

富山県 黒部・宇奈月・新川 鉄道

富山地鉄新相ノ木駅(上市)10周年祝う 地元園児ら記念乗車、町関係者ら利用促進へ誓い新た

北日本新聞(2023年12月21日)

 富山地方鉄道新相ノ木駅(上市町上経田)の開業10周年記念イベントが20日、同駅などで行われ、地元の園児たちが記念乗車するなどして節目を祝い、町関係者らがさらなる利用促進への誓いを新たにした。

 相ノ木保育園の年長児18人が新相ノ木駅から午前9時52分発の列車に記念乗車し、中川行孝町長や堀田喜久男町議会議長、町のマスコットキャラクター「つるぎくん」、ニホンカモシカそっくりのゆるキャラ「三太(さんた)」と一緒に上市駅までの短い電車の旅を楽しんだ。

 上市駅では記念セレモニーが開かれ、町長があいさつし、議長が祝辞を述べた。園児が元気いっぱいに「10周年おめでとうございます」と祝福。駅ピアノの伴奏で「線路は続くよどこまでも」を歌った。鉄道や新相ノ木駅にちなんだクイズも出され、園児は楽しい時間を過ごした。

 園児に特製キーホルダーや電車ステッカーがプレゼントされ、上市駅構内のパン屋「サンタ・エンジェル」のパンなども贈られた。

 2013年開業の新相ノ木駅は相ノ木駅-上市駅間(約2キロ)のほぼ中間に位置する無人駅。トイレ付き待合室やパークアンドライド用駐車場約80台などを備える。町が国の補助を受けて整備した。

 21日からは町役場企画課と上市駅の町観光協会で、限定100セットの記念切手の販売を始める。

えきねっと びゅう国内ツアー

黒部・宇奈月・新川 ニュース