雪を吹き上げながら進むロータリー車=立山町芦峅寺

雪を吹き上げながら進むロータリー車=立山町芦峅寺

富山県 立山黒部アルペンルート

強く高く、春へ雪飛ばす 立山黒部アルペンルート除雪開始

北日本新聞(2024年2月8日)

 立山黒部アルペンルートの除雪作業が7日、富山県立山町芦峅寺の藤橋(475メートル)から始まった。4月15日の全線開通を目指し、ロータリー車2台が雪を吹き上げて進んだ。

 除雪は、県や立山黒部貫光などでつくる立山ルート除雪組合が実施する。立山有料道路管理事務所によると、藤橋の積雪は昨年より40センチ少なく60センチ。室堂は5日時点で同0・5メートル増の5・3メートル。大型の除雪車22台を使い、藤橋から室堂(2450メートル)までの総延長31・3キロを約2カ月かけて除雪する。

 同事務所の板屋直人所長は「室堂周辺は地震による大きな被害はないと聞いている。多くの人に訪れてもらい、北陸を勇気づけたい」と話した。

えきねっと びゅう国内ツアー

立山黒部アルペンルート ニュース