漁が解禁され、水揚げされたシロエビ=新湊漁港

漁が解禁され、水揚げされたシロエビ=新湊漁港

富山県 高岡・氷見・射水 特産

富山湾に春の宝石 シロエビ漁解禁

北日本新聞(2024年4月2日)

 「富山湾の宝石」と呼ばれるシロエビの漁が1日解禁され、富山県射水市八幡町の新湊漁港で水揚げされた。透き通った淡いピンク色の初物が漁港に運ばれ、初競りもあった。春の風物詩に浜が活気づいた。

 漁師たちは小型底引き網漁船4隻に乗り、午前4時半ごろに港を出た。沖合2~3キロ、水深200~300メートルの漁場で操業。漁港に戻ると、シロエビが入った籠を次々と降ろした。

 新湊漁協によると、初日の水揚げ量は421キロで、昨年の約5分の1にとどまった。同漁協理事で漁船「松宝(しょうほう)丸」船主の松本隆司さん(52)は「元日の能登半島地震で漁を再開できるか心配だったが、無事に水揚げができてほっとした」と話した。シロエビは海中を泳いで生息することから「地震による海底の地形変化や崩落の影響は、ズワイガニやアマエビと比べて少ないのでは」とも語った。

 漁は7~9月に最盛期を迎え、11月末まで続く。

えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 ニュース