オープンした十日町市総合観光案内所。イベントや待ち合わせにも使える=1日、ほくほく線十日町駅

オープンした十日町市総合観光案内所。イベントや待ち合わせにも使える=1日、ほくほく線十日町駅

新潟県 十日町・松之山・津南 その他

ほくほく線十日町駅リニューアル 市総合観光案内所を新設

新潟日報(2015年4月2日)


 十日町市のほくほく線十日町駅が1日、リニューアルオープンした。増床部分に市総合観光案内所が新設され、市観光協会と市観光交流課が入居した。市は「大地の芸術祭の里」と銘打った地域づくりに力を入れており、関連イベントなどの情報発信を強化していく。

 ことし7月に第6回の芸術祭が開幕する一方、3月に特急はくたかが廃止され市街地の活性化が急務となっていた。案内所には案内カウンターのほか飲食、おみやげ販売スペースを配置。芸術祭開幕前には地域の魅力を発信するディスプレーも設置する。

 市観光協会は英語が堪能な職員を配置、外国人への案内にも力を入れる。村山義政会長は「はくたか廃止の影響を補うとともに、新たな誘客へ大きなインパクトがある」と期待する。ほくほく線まつだい駅にも「松代・松之山温泉観光案内所」を新設した。

 十日町駅は北越急行が約3億4千万円かけて約1千平方メートル増床、2階の面積は従来と比べほぼ倍増した。案内所部分は十日町市が20年契約で借り受ける。

 北越急行は1日付で、十日町駅に営業企画部を新設した。大谷一人・同部長は「沿線の雰囲気を肌で感じながら営業戦略を強化したい。道の駅が注目される中で、鉄道駅に観光拠点ができたことはありがたい」と話した。

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット