外国語に対応した真田氏関連施設の観光パンフレットを手にする武藤さん

外国語に対応した真田氏関連施設の観光パンフレットを手にする武藤さん

長野県 上田・小諸 その他

真田氏の街・上田を4カ国語で紹介 関連施設の観光パンフ発行

信濃毎日新聞(2015年4月13日)

 上田小県地域の観光事業者らでつくる上小経営者研究会は、上田市ゆかりの戦国武将真田氏の関連施設などを紹介する外国語を併記した観光パンフレットを作った。外国人観光客にも真田氏の歴史を知ってもらおうと、日本語のほか英語、中国語、韓国語で内容を紹介している。

 「真田三代真田幸村ゆかりの地を訪ねる」と題したパンフは、真田地域の真田氏本城跡などを巡る「真田氏発祥の郷」、上田城跡公園などの「上田城下町ゆかり」、塩田地域の神社仏閣を紹介した「塩田平」の観光3コースを記載。各コースとも英語の地図を付けた。

 同研究会によると、外国語に対応した上小地域の観光パンフはあるが、真田氏に焦点を当てたものが少なかったという。同研究会の武藤弘会長(76)は「外国人はお城など日本の文化、歴史に興味がある。上田により興味を持ってほしい」と話している。

 パンフは3万部発行。事業費150万円の全額を上田市の補助事業「わがまち魅力アップ応援事業」で賄った。東信地方の公共施設や宿泊施設などに配る予定だ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット