ポスターを手に参加を呼び掛ける竹田さん

ポスターを手に参加を呼び掛ける竹田さん

長野県 上田・小諸 祭り・催し

乗車禁止、別所線を撮ろう 上田で11月、走行音の録音も

信濃毎日新聞(2015年10月24日)

 上田電鉄(上田市)別所線を支援する上田市の有志グループ「別所線の将来を考える会」は11月7日、車両撮影会「別所線を撮ろう!」を開く。「乗客のいない電車を撮影したい」「走行音をきれいにとりたい」という愛好家の要望に応じ、乗車禁止の特別列車を同電鉄の協力で走らせる。

 1月に続き2回目。車両は前回と同じ「1004編成」だが、1986(昭和61)年まで走った「丸窓電車」を模したラッピングが3月に施された。上半分がクリーム色、下半分が濃紺で、一部の窓にはシートを貼って「丸窓」を再現。ラッピング費用を協力したミマキエンジニアリング(東御市)にちなみ、「まるまどりーむ号Mimaki」の愛称で親しまれている。

 列車は下之郷―上田間を2往復し、沿線から自由に撮影する。午前10時19分と午後0時29分に下之郷駅を出発。先発列車は乗車禁止で、希望者の録音機器を車内に置く。後発列車は乗車できる。

 後発列車が走った後の午後2時からは、下之郷駅構内で撮影できる。かつて使用したヘッドマークを付けたり、行き先などを示す方向幕を回したりする。先着80人に記念参加証を配る。考える会代表の自営業竹田貴一さん(61)=上田市中之条=は「ファンが増えることが存続の支援になる。多くの人に参加してほしい」と話している。

 運営協力金として1人500円が必要。問い合わせは考える会事務局(電話0268・23・2952)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット