信濃大町駅前でポーズを決める「佐々成政おもてなし武将隊」=3日、大町市

信濃大町駅前でポーズを決める「佐々成政おもてなし武将隊」=3日、大町市

長野県 白馬・安曇野 その他

アルペンルートにおもてなし武将隊 魅力向上に向けPR

信濃毎日新聞(2017年6月4日)

 戦国時代に厳冬期の北アルプスを越えたとの伝承がある戦国武将佐々成政とその重臣らに扮(ふん)した「佐々成政おもてなし武将隊」が3日、大町市のJR信濃大町駅前で初披露された。北アを貫いて同市と富山県を結ぶ「立山黒部アルペンルート」の魅力向上に向け、黒部ダムなどで演舞を披露するという。

 市インバウンド推進協議会などが、近年増えている外国人観光客向け観光戦略の一環として企画。長野市の劇団「NPO法人劇空間夢幻工房」が演舞の内容を練り、団員が演じる。佐々成政役は青木賢治さん(29)、重臣役は村松沙理亜さん(29)、姫役は坂本真由美さん(39)=いずれも長野市=が担当する。

 今月12〜26日の平日に活動。午前と午後の1回ずつ同ルートで演舞を披露し、観光客と記念写真を撮ったり、握手をしたりして交流する。青木さんは「厳冬の北アを越える佐々成政の心意気を伝えたい」と意気込んでいた。

白馬・安曇野 ニュース