信州サーモンがモチーフののぼりをお披露目するカミジョウさん(中央)ら

信州サーモンがモチーフののぼりをお披露目するカミジョウさん(中央)ら

長野県 白馬・安曇野 祭り・催し

鮮やか信州サーモン、安曇野の空へ アルプスあづみの公園に「のぼり」

信濃毎日新聞(2024年3月28日)

 安曇野市の国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区などが制作していた、信州サーモンをモチーフにしたのぼりが完成し、27日に園内に掲げられた。色鮮やかなデザインの「信州らしい風物詩」として6月5日まで飾り、来園者の目を楽しませる。

 こいのぼりを製造する岡山県の業者と取引がある村山人形店(松本市)に同園が声をかけて企画が始動。独創的な色使いが持ち味の安曇野市在住のアーティスト、カミジョウミカ(本名・上條美香)さん(47)に原画を依頼した。

 完成したのぼりは長さ5メートル。腹やひれ、斑点がカラフルに表現されている。他のこいのぼり15匹と一緒にワイヤに取り付け、園内の「段々原っぱ」に掲げると、風に吹かれて安曇野の空を気持ちよさそうに泳ぎだした。

 お披露目の催しに参加したカミジョウさんは「青空に映えたらいいなと思ってデザインした。見た人が楽しい気分になってくれれば」。同園企画広報課長の遠藤茂樹さん(46)は「安曇野の新たな名物になってほしい」と期待していた。

詳細情報

リンク
信濃毎日新聞デジタル https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2024032700669
今月のお得な国内ツアー びゅう

白馬・安曇野 ニュース

白馬・安曇野
イベント

白馬・安曇野
スポット