紅葉が始まった懐古園を散策する来園者

紅葉が始まった懐古園を散策する来園者

長野県 上田・小諸 花・紅葉 祭り・催し

懐古園、赤と黄色ちらほら 小諸「紅葉まつり」始まる

信濃毎日新聞(2017年10月22日)

 小諸市主催の第12回紅葉まつりが21日、同市の懐古園で始まった。訪れた人たちは、赤や黄色に色づき始めたモミジやケヤキを見上げたり、写真に収めたりしながら、園内を散策した。11月19日まで。

 市懐古園管理事務所によると、今年の紅葉は16日ごろに始まり、現在は園内の2割ほどが色づいている。見頃は例年通り10月末から11月初めごろという。友人と訪れた新潟県十日町市の会社役員水落(みずおち)吉郎さん(57)は「(今月上旬に)暑い日が続いて心配だったが、無事紅葉を見ることができた」と笑顔を見せた。

 園内ではこの日、愛好家約40人が約500点の菊の鉢を展示する「東信菊花展」も始まった。11月5日まで。ハートの形をした赤い菊の鉢や、江戸時代に活躍した旧大石村(東御市滋野乙)出身の力士雷電為右衛門(ためえもん)の菊人形などが並ぶ。

 開園時間は午前9時~午後5時。入園料は大人300円、中学生以下100円。まつりの期間中、園内で写真撮影をしながら歩く「実践!カメラ塾」(11月4日)などさまざまなイベントがある。問い合わせは市懐古園事務所(電話0267・22・0296)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット