「手ぶら観光カウンター」のサービスを始めた宅配窓口=きときと市場とやマルシェ

「手ぶら観光カウンター」のサービスを始めた宅配窓口=きときと市場とやマルシェ

富山県 富山・八尾 北陸新幹線 鉄道 その他

手ぶらで身軽に観光を 富山駅に外国人向け宅配窓口

北日本新聞(2018年4月10日)

 旅行客が荷物を預けて観光できる「手ぶら観光カウンター」のサービスが9日、富山駅の商業施設「きときと市場とやマルシェ」内にあるヤマト運輸の宅配窓口で始まった。

 「手ぶら観光カウンター」は、手荷物の配送や一時預かりサービスを提供している全国の駅や商業施設の宅配窓口を対象に、国土交通省が認定している。外国人旅行者が利用しやすいよう、英語での案内や海外配送を行っているなどの条件を満たすと、共通ロゴマークを使用できる。

 同省によると県内では初の認定で、とやマルシェ内のカウンターには、ロゴマークが新しく設置された。ヤマト運輸富山駅前支店の倉沢守支店長は「新幹線で富山を訪れる海外の観光客にご利用いただき、身軽になって観光してほしい」と期待を寄せた。

富山・八尾 ニュース