阿賀町のクルミやゼンマイを具にしたいなりずし

阿賀町のクルミやゼンマイを具にしたいなりずし

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し グルメ

24日阿賀の里に集合~ うまいもん一堂にマルシェ初開催

新潟日報(2018年6月18日)

 阿賀町や周辺の料理、雑貨などを集めた物産展「阿賀町マルシェ」が24日、同町石間の道の駅「阿賀の里」で初めて開かれる。町内の異業種メンバーでつくる「阿賀町勝手に応援隊」が企画し、町内外の30店が自慢の逸品でおもてなしする。

 マルシェを提案したのは、町内でジェラート店「れふぇり」を営む石川英理香さん(40)。石川さんは「阿賀町は広く、1日でお店を回りきれない。それならば玄関口である阿賀の里に集めてしまおうと考えた」と話す。会員制交流サイト(SNS)で町外からの出店も募った。

 寿司(すし)・居酒屋の「彩海」(同町津川)は、地元食材のクルミやゼンマイなどを入れたいなりずしを提供する。郷土料理のグループ「おんな塾ととんぼの会」は、小ぶりのジャガイモを砂糖とみそで味付けした「しかみいも」や甘酒などを販売する。

 町外からは燕市吉田地区のソウルフード「とりにくのレモンあえ」や阿賀野市の名物プリン、移動販売車のパンケーキなどが出店する。雑貨コーナーにはわら細工やアクセサリーが並び、整体やマッサージのブースもある。マルシェは午前10時から午後4時まで。問い合わせは「れふぇり」、0254(92)7711。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース