今庄宿の観光スポットを紹介するマップと冊子=福井県南越前町役場

今庄宿の観光スポットを紹介するマップと冊子=福井県南越前町役場

福井県 鯖江・武生・越前海岸 アウトドア・レジャー 特産

今庄宿の魅力ぎっしり 南越前町、地図と冊子作製

福井新聞(2018年6月26日)

 福井県南越前町は今庄宿の散策マップとまちめぐりガイドブックを作製した。歴史を感じる旧旅籠(はたご)や地元住民に愛される酒蔵、そば店といった観光に役立つ情報を網羅。同町役場などで配布している。

 今庄宿は江戸時代に宿場町として栄えた。当時の風情が北国街道沿い約1キロに残る。近隣の旧北陸線トンネル群が2016年、国登録有形文化財に登録されてから増加傾向にある観光客に対応した。

 マップは象徴的な建造物や飲食店、近くの山のハイキングコースなどを幅広く紹介。書状や品物を次の宿場へ届ける「問屋場(といやば)」、藩札の両替所「御札場(おふだば)」の跡地など、宿場町時代の名残を楽しめる。A3判両面カラーで1万部作製した。

 ガイドブックは、観光スポットごとに歴史や地域性を紹介した。正面から屋根面が見える「平入り」という伝統的民家の特徴や、豪雪に耐える太い梁(はり)を解説。今庄つるし柿や茶飯といった"旅の味"、北前船主の館・右近家(河野)や花はす公園(中小屋)など周辺施設の情報も掲載した。A5判、フルカラー14ページ。3万部作った。

 ともに昨年度まで行った「今庄宿プロジェクト事業」で作製。同町観光まちづくり課の担当者は「今庄宿の魅力が詰まっているので、散策するときにぜひ持ち歩いて」とアピールしていた。

 町役場のほか、JR今庄駅内の今庄観光協会、今庄宿の商店で無料で受け取れる。ガイドブックの英語・中国語版は各1千部印刷し同町役場に置いている。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース