新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し グルメ 鉄道

リゾート列車「雪月花」に乗り大地の芸術祭へ 9月7日

新潟日報(2018年6月26日)

 えちごトキめき鉄道(上越市)のリゾート列車「雪月花」が9月7日、上越妙高-越後湯沢間で特別運行される。十日町市などで開かれる「大地の芸術祭」に合わせ、北越急行(南魚沼市)のほくほく線に初めて乗り入れる。両社は特別運行をきっかけに、広域観光へ連携を深める。

 特別運行は上越妙高を午前10時19分に出発し、直江津などを経て、ほくほく線を経由。まつだいと十日町で途中下車し、地元ガイドと共に芸術祭の作品を見学する。午後5時に越後湯沢に到着する。

 食事は格付け本「ミシュランガイド東京」で二つ星のフレンチレストラン「Ryuzu」のオーナーシェフ、飯塚隆太さん(十日町市出身)が監修するフレンチ弁当。両社は「ガラス張りの車窓から里山の絶景を楽しんでほしい」とPRしている。

 料金は1人2万1800円。定員37人。7月5日発売。問い合わせは雪月花予約センター、025(543)8988。

上越・妙高・糸魚川 ニュース