約3万株が咲き誇るあじさい園=23日、田上町

約3万株が咲き誇るあじさい園=23日、田上町

新潟県 燕・三条・弥彦 花・紅葉 祭り・催し

青紫の宝石が山頂で出迎え 護摩堂山あじさいまつり 田上

新潟日報(2018年6月26日)

 田上町の護摩堂山で、恒例の「あじさいまつり」が7月20日まで開かれている。約3万株が咲く山頂のあじさい園では、"青紫の宝石"が登山客の目を楽しませている。

 アジサイは町の風物詩として親しまれ、まつりは39回目。主催する町観光協会によると、開花の状況は例年並みで、現在は7分咲き。7月上旬が見頃のピークだという。

 梅雨晴れとなった23日は、登山口で開園式が行われた。佐野恒雄町長が「県内外から多くの人が訪れる有数の園。皆さんと一緒に楽しみたい」とあいさつした。安全を願う神事の後、関係者がテープカットをした。観光協会は「色合いの違いを見比べながら、梅雨のひとときを満喫してほしい」とPRしている。

 山頂までは登山口から約40分。1日午前9時~午後2時、登山口駐車場でメインイベントが開催される。出店販売のほか、正午から田上甚句太鼓保存会による護摩堂太鼓の披露がある。

燕・三条・弥彦 ニュース