バンドウイルカのジャンプで開館した「うみがたり」の記念式典=26日、上越市五智2

バンドウイルカのジャンプで開館した「うみがたり」の記念式典=26日、上越市五智2

新潟県 上越・妙高・糸魚川 アウトドア・レジャー

海の友だち待ってるよ うみがたりグランドオープン 上越

新潟日報(2018年6月27日)

 新しい上越市立水族博物館「うみがたり」が26日、グランドオープンした。初日から大勢の人々が訪れ、約300種4万5千点の海の生き物との出合いを楽しんだ。

 うみがたりは、老朽化などに伴って昨年5月に休館した旧館に代わり、3階建て延べ床面積約8500平方メートルで整備された。約120羽と飼育数世界一のマゼランペンギンや国内5館目のシロイルカの展示、通年で楽しめるバンドウイルカのショーなどが目玉となっている。

 オープンに先立つ記念式典で、上越市の村山秀幸市長は「多彩な魅力を備えるうみがたりは上越市の新たなシンボルとなる」とあいさつ。入り口前でテープカットが行われると市民らが続々と入館、イルカのジャンプに歓声を上げたり、ペンギンのかわいらしい姿を写真に収めたりしていた。

 家族で訪れた長野県中野市の女児(5)は「イルカショーがかわいかった。近くで見られてうれしい」と笑顔だった。

上越・妙高・糸魚川 ニュース