温泉PRアイドル「おけさガールズ」のつるちゃん(右)とスベちゃん(左)=佐渡市栗野江

温泉PRアイドル「おけさガールズ」のつるちゃん(右)とスベちゃん(左)=佐渡市栗野江

新潟県 佐渡 温泉

温泉PRアイドル「おけさガールズ」 魅力発信 佐渡市

新潟日報(2018年7月3日)

 佐渡の温泉にもっと来てね-。佐渡市内の温泉施設をPRする2人組アイドルユニット「おけさガールズ」が、静かな人気だ。昨年5月に結成後、島内外のイベントに出演するなど、利用客減少に悩む島内の温泉をアピール。活動2年目を迎え、2人は「私たちをきっかけに温泉に足を運んでほしい」と、これからも一肌脱ぐ決意だ。

 ユニットは、同市と新穂潟上温泉(新穂潟上)、畑野温泉松泉閣(栗野江)、クアテルメ佐渡(羽茂飯岡)の経営団体でつくる「佐渡市温泉活性化協議会」が、企画した。和やかな温泉PR動画のイメージに合う女性を探していた。

 佐渡おけさから取ったユニット名の通り、「おけさ笠(がさ)」をかぶった女性船頭の衣装がトレードマークの2人。名前は「つるちゃん」と「スベちゃん」。本名や年齢は非公表となっている。

 共に島内在住で、本業の傍ら活動に励む。昨年は佐渡をテーマにした新潟市や東京でのイベントに出演したり、協議会のホームページやポスターなどに登場したりした。会員制交流サイト(SNS)を通じ活動は知れ渡り、島外でのイベントでは、記念写真を求める列ができたという。

 2年目の初仕事は、アイドルグループ「Negicco(ねぎっこ)」のMeguさんらと2作目の温泉PR動画に出演。温泉を楽しむMeguさんや浴衣姿の島民と音楽に合わせて、ダンスを披露するなどして魅力を伝える。動画は今月中に動画投稿サイト「ユーチューブ」などで公開される予定だ。

 2人は「島外に出た際は、『佐渡にも温泉があったんだ』と声を掛けてもらうこともあり、少しずつ温泉に興味を持ってくれる人が増えている」と、活動の手応えを感じている。今後に向け、「私たちの活動を通じ、観光資源の一つとして温泉を利用する人が増える手助けになれば」と張り切っている。

佐渡 ニュース