試験運航で小木港から出航する高速船「あいびす」=18日、佐渡市

試験運航で小木港から出航する高速船「あいびす」=18日、佐渡市

新潟県 佐渡 その他

佐渡汽船 寺泊-小木航路試験運航始まる

新潟日報(2018年7月19日)

 佐渡汽船(佐渡市)は18日、寺泊(長岡市)-小木(佐渡市)間の試験運航を初めて行った。寺泊-赤泊(佐渡市)間の利用が低迷する中、新ルートの観光ニーズを探る狙いで、9月まで各月1回、高速船を1往復させる。乗客からは「観光に非常に便利な航路」と歓迎する声も聞かれた。

 午前10時50分寺泊発には25人、午後2時10分小木発には26人が乗船した。夫婦でツアーに参加した千葉県船橋市の無職男性(69)は「快適な船旅だった。文弥人形は情緒があって、カニやエビのおいしい料理も堪能できた」と満足そうだった。

 高速船は寺泊-赤泊航路で就航する「あいびす」を使う。運航に合わせ、小木で芸能「文弥人形」と郷土料理を楽しむ日帰りツアーも企画している。

 この後の試験運航は8月29日と9月12日。問い合わせは佐渡汽船寺泊港、0258(75)3294。

佐渡 ニュース